分蜂

春先に見えるミツバチのかたまりって?

Pocket

ミツバチは、アシナガバチやスズメバチほど危険性はありません。そのかわり巣を壊されたり身の危険を感じると攻撃することもあります。

そんなミツバチは、花粉を媒介するなど自然界の中では重要な役割を担っています。おまけにミツバチが群れを増やしていくために、春先から初夏にかけて巣分かれを行います。

これを分蜂というのですが、ここではそんなミツバチの分蜂についてご紹介いたします。

春先に見えるミツバチのかたまりって?

ミツバチの分蜂

寒かった冬から春になるとミツバチたちは、一つの群れから二つの群れとなります。そして集団で一つの群れだけが引っ越しをします。これをミツバチの分蜂といいます。ただし、すぐに新しい住処は見つかりません。そのため、集団でかたまりのような状態になりながら木や軒下に群がるのです。

その代り、数日以内にはどこかに飛び去っていきます。そうはいってもそんな蜂の群れを見ると、どうしても殺虫剤などで駆除したくなります。実際のところそれらの分蜂の群れは、人を刺したりするような危害を加えることはほとんどありません。そのため殺虫剤をかけて駆除しようとするほうが、かえって危険かもしれませんね。

ミツバチの分蜂の中身

ミツバチがかたまりのような状態で群がっている分蜂の中には、古い女王蜂がいます。要するに古い女王蜂を働きバチが取り囲んで蜂球を作っているのです。ただしそれらのミツバチの分蜂の他にも、新しい住処探しをしている働きバチもいます。従って新しい住処が見つかり次第、それらの分蜂もその場から飛び立っていきます。

ちなみに新しい住処は、日当たり状況や巣の広さなど様々な条件を考慮しながら決めます。やはり引っ越し先が住みよいかどうか、いろいろな条件を検討しながら決める点についてはミツバチも我々人間とよく似ていますね。

ミツバチはどうして引っ越しするの?

ミツバチの分蜂の仕組み

ミツバチの巣の中では、古い女王蜂から新しい女王蜂へと世代交代が行われようとします。従って古い女王蜂は、新しい女王蜂に巣をゆずるために沢山の働き蜂やオス蜂と一緒に巣を離れるようになるのです。

それはちょうど人間の世界でも同様です。新しい息子夫婦に家をゆずって、親夫婦は隠居や書院に移ります。それと同様のことがミツバチの世界でも行われているのです。

巣の中にある蜜の財産分与を行う

古い女王蜂と半数相当の働き蜂やオス蜂は、それまで巣に蓄えておいた蜜を各自の胃の中に入れて分蜂をします。

そのため、巣に蓄えてあった蜜は半分程になってしまいます。人間世界でいえば、財産分与のようなものでしょうね。しかもこれらの分与された蜜は、引っ越しの際の当面の食料に使われたり新たな巣作りに使われます。

一方古い巣の中では、新たな女王蜂候補がサナギから孵化をしようとします。ただし女王蜂候補が複数の場合には、激しい戦いが繰り広げられる可能性もあります。要するに巣の中には、女王蜂が二匹存在することはできないのです。おまけに古い女王蜂が分家した後なので、食料が十分にはなく苦しい生活がしばらく続くのです。

分蜂しているミツバチは刺してくる?

ミツバチが攻撃するのは巣や自分を守る時だけ

ミツバチが巣分かれをする際には、古い女王蜂を守るために働き蜂が女王蜂の周りを取り囲んで密集した状態になっています。そんな分蜂蜜球の状態を見れば人はどうしても脅威に感じて、つい殺虫剤をかけたくなります。そのため、殺虫剤をかけられて分蜂しているミツバチが死んでしまうケースもあるようです。

ただし、ミツバチが攻撃するのは巣や自分を守る時だけです。また幼虫のエサを確保するために、スズメバチのような狩りは絶対に行いません。そのため春先のミツバチの分蜂は、群れが増えていくための行動なので温かく見守ってあげないといけません。

分蜂の中に手を入れても大丈夫?

ミツバチはハナハチとも呼ばれており、スズメバチやアシナガバチのようなカリバチと呼べれる蜂とは違って攻撃性はほとんどありません。おまけにミツバチの針には返し針が付いているので、一度針で刺すと抜くことができません。無理矢理に抜こうとすれば、内臓ごと針が取れるので死んでしまうのです。

そんなミツバチなので、例え巣分かれ時の分蜂の中に手を入れても大丈夫と言う人さえいます。そうは言っても、分蜂の中に手を入れたらミツバチに刺されないという保障はありません。何せ養蜂業をしている人でさえ、たまにミツバチに刺されるのですからね。

まとめ

ミツバチの巣分かれ・分蜂についてご紹介いたしました。とくにニホンミツバチは、年々減少傾向にあるといいうます。そのため巣分かれの際にも脅威に感じるかもしれませんが、温かく見守ってあげるべきでしょうね。

こちらの記事もどうぞ → ミツバチは何を食べて生きているの?